バルトレックスより安いバルシビルについて

困っている男性

ヘルペスウイルスに対して感染してしまっている人は現代人にはとても多いと言われています。
口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス1型に感染している人は8割以上であると考えられており、性器ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルス2型の場合にも1割から2割程度が感染しているとされています。
こういった感染者の多さにもかかわらず、日常的にその症状に困らされている人がそれほど多くないのは、通常は人の免疫系による抵抗力が勝っているからです。
体調が崩れたり、糖尿病などを患ったり、免疫抑制剤を使用したりした結果として、特徴的な水疱ができて痛みやかゆみに悩まされるようになりがちです。

その治療薬として知られているのが抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックスです。
バルトレックスはバラシクロビルを有効成分としてヘルペスウイルス感染に対して高い有効性を持つことから頻用されています。
しかし、薬価が意外に高いのが欠点であり、ヘルペス感染の症状によく悩まされるようになってしまっている人にとっては医療費がかさんでしまうという問題があります。

しかし、バルトレックスにはジェネリック医薬品があり、バルシビルとして販売されています。
先発品であるバルトレックスに対して安いのが特徴的なバルシビルもバラシクロビルを有効成分として含むものであり、ヘルペスウイルス感染に対して著効を示すと期待できます。
そのため、長期的に使用することが必要になりそうな人にとって、医療費を削減していくためにバルシビルを選ぶというのは良い選択肢となるでしょう。
通信販売による個人輸入で手配することが可能であり、大量に購入すればより安く手に入れることができます。

関連記事